やりたいことはたくさんあるのにお金と時間がない!という人のためのブログ

WordPressのテキストエディタをデフォルトに設定する方法

      2014/11/05



テキストエディタとビジュアルエディタ

WordPressビジュアルエディタとは?使い方とテキストエディタ

以前テキストエディタとビジュアルエディタの違いの中で

ビジュアルエディタに移動すると非常に厄介である!

ということを最後のほうでこそっといいました。



しかし、Wordpressを利用しているとわかるとおもうのですが

ビジュアルエディタとテキストエディタは

最後に閉じたエディタが次に開いたときのページで開かれる


そんな欠点があります。


ですから、

こっちのページはビジュアルエディタのほうがやりやすかったから

ビジュアルエディタで書いて記事にしたけれど


こっちのやつはテキストエディタのほうがやりやすかったから

テキストエディタで記事を書きました。


そんなときにちょっと困ってしまいます。


基本的にテキストエディタ→ビジュアルエディタは

TinyMCE Advancedを使って設定してしまえば特に問題ありません。

TinyMCE Advanced設定方法と使い方、日本語化方法

ところがビジュアルエディタ→テキストエディタはちょっとばかし問題です。

結構中身が変わってしまうのですよね。


つい忘れてビジュアルエディタを最後に開いて閉じたあと

テキストエディタを開いたりなんかしたら全部の改行を直す作業が始まります。


ということはつまり

テキストエディタをデフォルトに設定してしまえばいいのです。

テキストエディタをデフォルトに設定する方法

テキストエディタをデフォルトにするには外観のテーマ編集から変更する必要があります。

といっても初心者に簡単にできる作業ではないので

function.phpを変更するということがどういうことなのか

わからない人には絶対におすすめしません!


最悪Wordpressにログインできなくなってしまいます!

それでも大丈夫という人は事前に保存してから実際にやってみましょう。


テーマ編集→function.php

その一番最後の部分 ?> の手前に

add_filter( ‘wp_default_editor’, create_function(”, ‘return “html”;’) );

を追加することでデフォルトに設定できます。


しかし、テーマによっては別の処理がしてあって

動かなくなってしまうこともありますので

くれぐれもfunction.phpの変更にはご注意を!

 - ブログカスタマイズ

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です