やりたいことはたくさんあるのにお金と時間がない!という人のためのブログ

ブログ記事のネタが無いと困った時にも更新するコツとネタの作り方

   


ブログ記事のネタが無い

毎日ブログを更新していくと必ずぶつかる壁があります。

それが「ブログに書くネタがない!」

みなさんも経験はありませんか?

今まで順調に記事が更新できていたのに

ある日突然書くことがおもいつかないということが。



私も最初のころは何回かありました……とかっこいいことを言いたいのですが

なんのことはありません。

一週間に5日くらいはネタがない!という状態でした(笑)

正確には、ネタを記事に繋げることができなかったのです。

その状態をどうにかして解消した方法をシェアしたいとおもいます!

ネタを探す方法は?

アフィリエイト記事の書き方は?効率的なブログネタ探しの方法は?

こちらの記事に記事の書き方と、ネタ探しの方法を書いてみました。

こちらの方法でも十分にネタを探すことができますが

このページではもう一歩踏み込んでネタを探します。

一つのネタから記事を発展させていく

一つ目の方法は「ネタを発展させていく方法」です。

例えば今日トレンドネタとして載っていた

次世代の党のプロモーション・キャラクター「タブーブタ」

次世代の党、炎上覚悟のプロモーション映像がユルヤバい

これについてネタを発展させていきます。


このニュースについて考えたとき

タブーブタって何?プロモーション映像ってどんなの?って思いますよね。

ですので最初はそのことを書くと思います。

ちなみにこちらがそのタブーブタさんのプロモーション映像です。





しかし、ネタが見つからないと言っている人たちの多くは

一つネタが見つかった時点でそのネタについての記事を書くことをやめてしまいます。



最初のうちはなぜか一つのネタについては

一つの記事にありったけのネタをつぎ込むべきと思ってしまうのですよね。




例えばこのニュースをみたときに

「次世代の党ってなに?」とか「他の党のプロモーションはどうなの?」とか

「ゆるキャラっぽいけれども似たようなキャラはいないかな」とか

「これ歌ってのだれ?」とか歌われている内容にある

「領海侵犯とかってどんな事件だっけ?」等


いろいろなことが思いつくとおもいます。

その思いついたネタを一つの記事に全て入れてしまうのです。

そうすると傍目には内容の濃い記事ができますよね?



ですが、1つの記事に1つのネタを入れて書いた記事

1つの記事に4つのネタを入れて書いた記事

同じ文字数だったらどちらが詳しく書いてあるかといえば

もちろん1つの記事に1つのネタを入れて書いた記事ですよね。

大事なのは、同じかそれに匹敵する文字数であるということです。

1つの記事に4つのネタを入れるのではなく4つの記事に分けた場合でも

1記事500文字を4つでは意味がありません。

1つのネタを深く掘り下げましょう。



この方法はSEO的にも利点があります。

近頃Googleさんは、

「専門性の高いサイトを高く評価する」という評価方式に変わってきました。

つまり、より詳しく多くの記事で同じネタを取り上げるほうが

評価を受けやすいんですね。


ですので私が記事を書くときには

1つの記事にネタは1つか2つ。

それ以上になったら別の記事として書くようにしています。


自分の体験は唯一無二のネタ

ネタについて書けない!とおもっても

自分の体験を書いてみると案外うまくいくことがあります。


例えば

芸能人の◯◯さんが△△さんと結婚!

というニュースでも、自分の結婚式はどうだったとか

結婚について自分はこう考えているとか

はたまた結婚式の値段はどのくらいが相場なのかな?とか


自分が体験してきたこと、または

これから体験したいとおもったときに生じる疑問


などについて詳しく書いてみましょう!

自分の考えというものは自分だけのものです。

ですからそれだけでオリジナリティの高い記事になりますよね。

過去の事例を参考にしてみる

過去の事例を参考にしてみましょう。

例えば先ほどと同じように

芸能人の◯◯さんが△△さんと結婚!

というニュースがあったとします。

ではそのときにどんな検索が多くされているでしょうか?

googlekeyword



この検索結果を見てみましょう。

「芸能人 結婚」の後に出てくるキーワードが何なのかを見ます。

「芸能人 結婚式」や「芸能人 結婚指輪」などの結果から

過去検索した人たちは「どんな結婚式であったのか?」とか

「結婚指輪はどんなものだったのか?」という

芸能人の結婚式について興味があったことがわかります。

ですから今回も同様に結婚式について興味がある人が多いとおもいます。

「芸能人 結婚式 ドレス」「芸能人 結婚指輪 ブランド」

「芸能人 結婚式 値段」


そんな検索が増えることになるでしょう。

この芸能人の部分は「芸能人名」でも検索されると予想されますね。



他には「芸能人 結婚 離婚」

「芸能人 結婚 2014」などもあります。

「芸能人 結婚 離婚」は結婚に興味があれば

離婚にも興味があるということでしょう(笑)


「芸能人 結婚 2014」では

2014年に結婚した芸能人は誰じゃろ?

と検索をしているとわかりますね。



このようにして

過去に似たようなニュースや事件で

検索された内容はなんだろうか?と見ることで


新しいニュースでも検索される内容が予想できます。

特に出たばかりのニュースの場合はそういったキーワードの組み合わせは

誰も書いていないことがあるため穴場になります。


これもひとつの「キーワードずらしテクニック」ですね。

まとめ

ネタは毎日いくらでも新しく供給されます。

検索キーワードの16%はそれまでになかった

新しいキーワードであると言われています。


確かに毎日ニュースやサイトを見ていても

毎日新しい発見でいっぱいですよね!



ですからトレンドネタが尽きることはありません。


トレンドネタを記事にする自分の方法をしっかり確率しましょう。

こればかりは小手先の技術でなんとかなるものではなく

毎日記事を書き続けることで生まれてくる技術です。

頑張って記事更新を続けていきましょう!

 - ブログ

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です