やりたいことはたくさんあるのにお金と時間がない!という人のためのブログ

キーワード選定でSEOに強いアフィリエイトタイトルにする方法

   


アフィリエイトで最も重要なタイトルのつけかたとは?

アフィリエイトをするにあたって

最も重要なことの一つが「タイトルをつける」ことです。

なぜなら、サイトに来る人の多くは検索エンジンから

キーワードを利用して検索をかけて来るからです。



あなたもなにか調べようとおもったら

検索で表示されたサイトにいきますよね?


キーワードとは

例えば「美味しいお茶」について調べようとした時

「お茶 美味しい」と入れて検索します。

このように検索をかけて答えを得られそうなワードが

検索におけるキーワードになります。



この時に検索エンジンが検索画面にキーワードが入力された時に

サイトを上から並べる順番を決めるルールがあるのですが

そのルールに従って上位表示しようとする行動が

SEO(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)となります。



いろいろなところでSEOに強い!とか聞くと思いますが

検索で上の方(上位)にサイトを表示させられるように

しましょうということだったんですね。



上位表示がなぜ重要なのか?

ではなぜ上位表示が必要なのでしょうか。

それは、クリック率が圧倒的に違うからです。

以前は私も別に上位表示されなくても検索にひっかかれば

誰か見てくれるんじゃないの?とおもっていました。



ですが、ここに驚きの結果があります。

CATALYST調べ

CATALYSTがGoogleのページのクリック率を調べた結果が載っているのですが

端的に言ってしまうと

検索結果で
    平均1位のサイトは17.16%

    平均2位のサイトは9.94%

    平均3位のサイトは7.64%

    平均4位のサイトは5.31%

    平均5位のサイトは3.50%

    平均6位のサイトは1.63%

    平均7位のサイトは1.09%

    平均8位のサイトは1.04%

    平均9位のサイトは0.44%

    平均10位のサイトは0.51%

という検索結果が発表されました。

この結果を見てわかると思いますが

検索順位8位になったとしても

検索してきた人の1%しかページに来てくれない!

9位、10位の検索結果1ページに入ったとしても

0.5%ほどしかサイトに来てくれない!ということです。


つまりは検索結果1ページ以下のサイトは

これら以下の人しかこないことになりますよね。

これがビッグワードといわれる、検索母体が大きいキーワードならば

例え10位程度だったとしても問題ありません。


毎日100万人に検索されるキーワードなら

5000人くらいは来てくれるわけですものね。

しかし、そもそも検索母体自体が小さいキーワードだったらどうでしょうか?

毎日500人ほどしか検索してこないワードだとしたら

5人サイトに来てくれればいいところです。

はっきり言って10位以下のサイトに人が来ることはほとんどありません。


皆さんが一生懸命記事を書いたとしても

検索で上位表示されなければ

記事がある事、サイトがある事自体に気づいてもらえないのです。

サイトに人がこなければ「無い」と変わりません。

ですから、検索エンジンで上位表示されることはとても重要なのです。

どうすれば上位表示されるようになるのか?

上位表示されるにはいろいろな要因があります。

記事の内容を他のサイトよりも充実させるとか

SNS等の拡散を利用して多くの人にサイトに来てもらえるようにするとか

記事の中にキーワードを散りばめて検索エンジンに重要度を理解してもらうとか


いろいろありますが

ここでは、最も重要視されている

記事タイトルが上位表示されるようにする方法を書いていきます。

記事タイトルを上位表示させるルールとは??

タイトルと内容を合わせなければならない

まず第一に「タイトル」と「記事の内容」が合うようにしなければなりません。

例えば

「美味しいお茶の入れ方!最適なお湯の温度とは?」

こんなタイトルがあったとします。

検索をしてくる人は

「美味しいお茶 入れ方」や「お茶 お湯 温度」とかの

キーワードを入力して検索をしている人たちです。

つまり、美味しいお茶の入れ方が知りたい人であったり

美味しいお茶を入れる最適な温度を知りたい人です。


ですから記事の中にその答えがあると期待するわけです。

となると当然、記事中に答えを書かないといけませんよね?


これで記事の中身が「美味しいお茶の飲み方」とかだったりした場合

タイトルと全く内容が一致していないわけですから

読者の期待に答えられていません。

そのような「クリックしてくれた人の期待を裏切るページ」は

すぐに人が出て行ってしまいますので

検索順位を下げてしまいます。


記事タイトルと中身は必ず合うようにしましょう!

キーワードを必ずタイトルに入れる

当たり前のことなのですが

意外とできていない人が多いですので改めて。

キーワードは必ずタイトルに入れなければなりません。

「美味しいお茶の入れ方」を

「うまいお茶の入れ方」にすると

美味しいでは検索されません。


「美味しいお茶の点て方」では

入れ方で検索された人はもちろん来ません。

というか検索に表示されません。

狙っている検索キーワードは必ずタイトルに入れましょう。

検索されるキーワードかどうか?

キーワード自体が検索されるかどうかというのは非常に重要です。

goodkeyword

こちらのサイトで実際に検索されるワードかどうかを確認できます。

試しに「美味しい お茶」で検索してみましょう。



たくさん検索結果がでてきましたね!

ここでたくさん検索結果がでてくれば

たくさんの人が検索しているワードだと判断できます。


また、後に続く言葉も同様に検索されているワードだということです。

「美味しい お茶 ペットボトル」とか

「美味しい お茶 おすすめ」とかですね。


これだけでも判断はできるのですが

次はこのキーワードが「いつ検索されているのか?」を確認してみましょう。

Googleトレンド

こちらのサイトからキーワードの検索ボリュームをチェックしましょう。





十分な検索結果が得られました。

このグラフが表示されないキーワードだった場合

あまり検索されていないキーワードであるといえます。


これらの結果から十分に検索されるキーワードを選んでください。


誰にも検索されないキーワードを使って記事タイトルを決めたとしても

ほとんど検索されることはありません。


あなたのブログ記事タイトルは大丈夫ですか?

一度検索してチェックしてみましょう!

重要なキーワードは一番左に持ってくる

重要なキーワードはタイトルの一番左にもってくるようにします。

というのもGoogleはタイトルの一番左にあるワードを重要視します。

ですから「美味しいお茶の入れ方!」だったら

一番左の「美味しい」が一番重要視されるということです。


ここでもし「お茶」を最も重要なキーワードにしたい場合

「お茶の美味しい入れ方!」にしたほうがいいというわけですね。



これは検索する場合も同じことで

「お茶 美味しい」で検索した場合と

「美味しい お茶」で検索した場合では検索結果が変わります。





検索順位が微妙に変わっているのがわかるでしょうか?

もちろんサイトの強さや、内容の充実度などでも変わりますが

タイトルが占める割合も大きいです!

重要なキーワードは一番左にもってきましょう!

キーワードを詰め込み過ぎない!

いままでのルールから

ということは検索されそうなキーワードをたくさん入れれば

それだけ検索される率もあがるんじゃないか?


とおもったかもしれません。

しかし、キーワードはたくさん詰め込めば詰め込むほど

重要度が小さくなります。


タイトル全体を100と考えた場合

キーワードが10個入っているタイトルでは

キーワードひとつひとつの重要度は10ですよね?

一方でキーワードが5個のタイトルの場合

キーワードひとつひとつの重要度は20です。

キーワードの重要度が下がると

検索順位ももちろん下がっていきます。


必要以上にキーワードを詰め込み過ぎないようにしましょう。

トレンド記事では4~5個くらいが妥当なラインでしょう。

文字数は32文字以上のタイトルをつけないようにする

キーワードは32文字以下にしたほうがいいです。

というのも、タイトルが全文表示される文字制限が

Googleは28文字、Yahooが32文字ですので


32文字以下、欲をいえば31文字以下が望ましいです。

28文字以下でもいいのですが、その場合キーワードを入れにくくなりますので

そうするとそもそも検索に表示されなくなって本末転倒というジレンマがあります。

では32文字以上のタイトルをつけるとどうなるかといいますと



こんな感じでタイトルを省略されてしまいます。

省略されたタイトルよりも

省略されずに全文載っているタイトルのほうがクリックされやすいですので


文字数は31文字以下にするようにしてください。

記事の中にタイトルと同じキーワードを使用する

記事中に重要なキーワードをたくさん出すようにしましょう。

というのも、記事中にタイトルにあるキーワードを書くことで

検索エンジンにこのページは「キーワード」について

詳しく書いてあるページだなと認識させることができます。



よく、一度キーワードを書いただけで

あとは「それ」とか「例の」とかの

代名詞を用いて文章を書いている人がいますが

それだと検索エンジンからは

キーワードがほとんど出てこないじゃないか?

本当にキーワードについて書いてあるページなのだろうか?

と、詳しく書いていない(品質が低い)とみなされてしまいます。



じゃあどのくらいあればいいかといえば

重要なキーワードは最低10個

そのほかのキーワードでも5、6個は欲しいところです。


あまり書きすぎても今度は人から見て違和感しか感じなくなってしまいますので

適度な量を書いていきましょう!

!や?といった記号を3つ以上使わない

タイトルには「」や!や?といった

記号を3以上使わないようにしてください。


これらの記号を3つ以上使ったタイトルは

場合によってはGoogleさんに

タイトルを書き換えられてしまうことがあります。

まとめ

今回はキーワードのみに重点を置いてみました。

重要な内容ばかりですので

赤字がいつもより多くなってしまいました(笑)


しかし、検索で上位を勝ち取るためには

他にも重要なことがたくさんあります。

ひとつひとつ着実にこなして

検索上位を狙えるようにしていきましょう!

 - アフィリエイト

  関連記事

C824_chokoboxhana2500
Adsenseとアフィリエイトをブログで併用する方法とメリット

目次1 Adsenseとアフィリエイトを併用とは?2 併用のデメリット3 それで …

PAK95_shibuyaskoomori20141018113759500
計画を立てる時間がもったいない!すぐに実行するべき!

目次1 計画を立てる時間がもったいない?2 なぜすぐに実行しないのか?3 計画を …

SHIO75_hitujisan20141223122102500
アフィリエイトブログの直帰率の目安は?高い原因と改善方法は?

目次1 アフィリエイトブログの直帰率はどこで確認できるの?2 直帰率の目安はどん …

C789_pentonotepc500
SEO対策のキーワード検索ツールの使い方はこれだけで十分!

目次1 SEO対策のキーワード検索は結局どのツールを使うのがいいの?2 キーワー …

TSU85_suizokukanirukatojyosei500
アナリティクスの離脱率と直帰率の意味と違いは?対策方法は?

目次1 アナリティクスの直帰率とは何?2 離脱率とは?3 離脱率の意味4 離脱率 …

MS251_memotonewsp500
コピーライトとは何?ブログで画像を著作権侵害せずに使う方法

目次1 コピーライト(Copyright)とは?2 コピーライトの役割3 コピー …

PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151500
2015年アフィリエイトではもう稼げない?副業で稼ぐのは無理?

目次1 2015年アフィリエイトではもう稼げない?2 アフィリエイトが稼げなくな …

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500
アフィリエイトは時間がかかる?稼ぐために一日何時間やればいい?

目次1 アフィリエイトで10万円稼ぐには?2 一日30分の作業で収入は得られる? …

N112_nekutaiwonaosudansei500
忙しい社会人や主婦がアフィリエイトするための時間の作り方とは?

目次1 忙しくてアフィリエイトなんてしている時間がない!2 記事を書くための時間 …

PPW_ru-bikkucubetenimotu500
ゲーム特化型アフィリエイトブログで1ヶ月1記事も更新せず5万稼いだお話

目次1 特化型アフィリエイトを実践した記録をお伝えします2 ゲーム特化ブログ実践 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です