やりたいことはたくさんあるのにお金と時間がない!という人のためのブログ

著作権トラブル!著作権侵害のメールで誠意ある謝り方を例文で紹介

   


無断転載や著作権侵害に関するトラブルが身近なものに

近年ネット上での著作権に関するトラブルが増えてきました。

と、いうと語弊があるかもしれませんね。

昔は見逃されていたものでも許されなくなった時代に

やっとなったというべきかもしれません。



SNSやブログなどで多くの人が発信できる時代になりました。

しかし、それに対して著作権への意識はまだまだです。

著作権侵害はいつ当事者になってもおかしくない

著作権侵害に関して、もはや全ての人が加害者になりうる時代になりました。

例え直接的な著作権侵害を行わずとも

著作権侵害幇助という可能性も考えられます。

幇助とは著作権侵害を助ける行為をしてしまった場合の罪です。


例えば違法にアップロードされた動画と知らずにリンクを貼った場合

権利者からの申し立てがあり、やめてくださいと言われた場合や

それ以外の人からこれ著作権侵害しているよと言われたあとも

リンクを貼り続けていたりすると著作権侵害幇助になってしまいます。


ですので誰だって今の時代、著作権に関する基本的な知識は持っていなければなりません。

著作権侵害しないアフィリエイトブログの動画や画像の引用ルールとは?

どこからコピペ?ブログアフィリエイトの記事引用ルールは?

こちらに著作権に対する基本的な考え方をまとめておきました。

よろしければ一緒にお読みください。

著作権侵害であるという報告が届いたら

あるコンテンツが著作権侵害であるという疑いを持たれた場合

まずはそれについての調査を行いましょう。

ネット上には正義感から来る事実無根の言いがかりも多数存在します。

文章の作り方が少し似ているからと

◯◯さんの文章のパクリ!と言われることもあります。

しかし、それらに関してもちろん

いちいち相手にはしていられるほど時間はありません。

全く身に覚えがない、自分に落ち度がないという場合は

無視してしまって構いませんが

どんな言い分かと事実確認はしましょう。



しかしプロバイダーからの直接の警告文だったり

検索エンジンからの警告文

また、著作権者本人からの問い合わせや

一定のルールに則った訴えなど

無視してはならない場合も存在します。

これらの場合にもしっかりと調査をしましょう。


著作権侵害か調査


まずはどういった内容で疑われているかを確認します。

どういった訴えなのかを見ましょう。

少しでも自分がまずいことをしているなと感じたのでしたら

ちゃんとした対応をしなければなりません。

また、自分は完全にオリジナルで書いた内容であると自信を持って言えるものでも

第三者からみてコレは疑われてもしょうがないなという場合もあります。


その場合には不本意には思うでしょうが

対応しなければならないこともあります。

その場合には話し合いをして妥協点を見つけるか

ダメならば解決策を考えましょう。

記事を削除するか、訂正するかはケース・バイ・ケースです。

著作権侵害、著作権侵害幇助であると認められた場合

この場合にはしっかりと謝罪をしなければなりません。

ここで下手なことをすると最悪裁判までもつれ込む可能性があります。

ほとんどの場合はないとおもいますが

相手を有罪にすることに全力を出せる人も一定数います。

最新の注意を払って対応しましょう。

誠意ある謝罪のルール

タイトル

まずは何についての謝罪かをはっきりさせましょう。

ですのでタイトルを

「◯◯に対するお詫び」

として、◯◯には何の件なのかはっきりわかるようにしましょう。

謝罪すべき内容

次に、何に対して謝罪するのかを冒頭に詳しく説明します。

「誰が」「誰の」著作権を「どんな内容で」侵害したかを

はっきりと書きます。


ここでよく、◯◯という理由からとか

◯◯という気持ちでとかの

「言い訳」を延々と書き連ねる人がいますが

誰も加害者の気持ちなんか聞いていません。

どんな事情があって著作権侵害に及んだかなんか

はっきり言ってされた側が聞いたら

だからどうした?

という一言で終わりです。

余計に相手を怒らせるだけでなく、謝罪の意思なしと取られますので

言い訳は絶対にしないようにしましょう。


侵害に対する処分と今後の防止策

必ず今後どのように対応していくかを

具体的な例をあげて載せましょう。


「謝罪」というくらいですから

罪に対する謝りの気持ちが「相手に通じなければなりません」。

ここを間違えてしまう人がいます。



厳重注意だとか、今後はこのようなことがないようにだとか

そういった具体性のないこと「だけ」書かれた

謝罪文もどきが多くあります。

法律家の方も相手に揚げ足を取られないよう

ありきたりな表現に努めよとおっしゃることでしょう。

しかし、それでは謝罪の意志は到底伝わりません。


被害者が加害者に求めるものは

「謝罪の言葉」と「損害に対する補償」、「今後の対策」

これだけです。

この「損害に対する補償」がどのような処分をするかという時もあれば

それに加えて金銭での解決となる時もあります。

今後どのようなサイト運営をしていき

どうすれば再犯を防止できるか考えて書きましょう。



署名

最後に必ず誰の謝罪文かをしっかりと明記します。

改めて自分の名前を署名しておきましょう。

謝罪文の例

以上を踏まえた謝罪メールや謝罪文の例をこちらに示します。



その後にしっかりと自分の運営するサイト上にも

謝罪文を載せておきましょう。


例文がほとんど空白じゃないかとおもう人がいるかもしれません。

しかし、そう考える人は既に謝罪の意志がありません。


巷には謝罪のテンプレートで溢れていますが

率直に思うのは

こんなタイトル変えただけで誰にでも使えるようなテンプレート

送られてきたら、私なら激怒するだろうなあということです。



謝罪とは自分の謝意を相手に伝えることです。

人の言葉で伝えるようなものでは決してありません。

さらには、言い訳の場所でもありません。

しっかりと自分のやったことを反省し

二度とやらないんだ、そのためにはどうするんだという文です。

しっかりと自分がすることを相手に伝えましょう。

その上で賠償等にはちゃんと応じましょう。



ちなみにこじれるとこんな感じになってしまいます。

はじめての著作権侵害 (に対する対応)

正直な意見としまして

この方は仏のような方です。

普通の方はここまで救いの手を差し伸べてはくれません。

最初のふざけた対応で一発レッドカードです。


まとめ


誠意ある対応が、あなたの今後にとって必ずプラスになります。

誠意ない対応は、将来必ずあなたの枷になります。

その場を繕ったとしても、今後もそういう対応をされるんだと

多くの顧客、読者を失うでしょう。

日本にあるのは失敗を許さない空気ではありません。

失敗を反省しない態度を許さないのです。


誠意ある対応をして、今後もがんばってください!

 - アフィリエイト

  関連記事

PAK86_atamawokakaerudansei20131223500
アフィリエイトは時間がかかる?稼ぐために一日何時間やればいい?

目次1 アフィリエイトで10万円稼ぐには?2 一日30分の作業で収入は得られる? …

MAX87_burankodekodoku20140531500
アフィリエイトは本当に誰でも簡単に稼ぐことができるの?
トレンドアフィリエイトで稼げない人が出来ないたった2つのこと

目次1 トレンドアフィリエイトを実際に経験してみて分かること2 トレンドアフィリ …

A8
A8netの特徴と評判は?複数のサイト登録方法と審査は厳しい?

目次1 A8netってなに?2 特徴と評判は?3 サイトの登録方法は?4 サイト …

C824_chokoboxhana2500
Adsenseとアフィリエイトをブログで併用する方法とメリット

目次1 Adsenseとアフィリエイトを併用とは?2 併用のデメリット3 それで …

PAK92_iroenpituset1278500
ブログタイトルを変更するとGoogleに検索SEOで強くなる?

目次1 ブログタイトルの変更は必要なの?2 ブログタイトルの変更はそこまで影響が …

NKJ56_fudetoparetto500
Googleに検索結果の記事タイトル書き換えられる原因と対策方法

目次1 Googleに検索結果のタイトルを書き換えられるって?1.1 全てのペー …

N112_nekutaiwonaosudansei500
忙しい社会人や主婦がアフィリエイトするための時間の作り方とは?

目次1 忙しくてアフィリエイトなんてしている時間がない!2 記事を書くための時間 …

AL205_white2320140830183644500
アフィリエイトに必要な客観的な視点と主観的な意見とは?

目次1 アフィリエイトに必要な2つの視点2 アフィリエイトに必要な客観的な視点3 …

Green11_kessai20141123152655500
ブログアクセスを増やすユーザーエクスペリエンス記事を書く方法は?

目次1 ユーザーエクスペリエンスとは?2 ユーザーエクスペリエンスの必要性3 ユ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です