やりたいことはたくさんあるのにお金と時間がない!という人のためのブログ

プロフィール


当サイトをご覧いただきましてありがとうございます!

サイト運営者のきつねと申します。

このページでは私がネットビジネスを始めるきっかけになった出来事
お伝えしたいと思います。

【ネットゲームにハマった学生時代】



私は小学校時代、父の仕事の関係から転校の連続で
親しい友人を作ることが出来ませんでした。

仲良くなってはすぐに転校、また仲良くなってはすぐに転校と
そんなことを繰り返す内に段々と友達を作る事に疲れていきました。

引っ越した先でもずっと友達でいられるなんて人は小学生にはなかなか出来ません。

どれだけ一生懸命友達を作ったとしてもすぐにまた違うところへいくんでしょ?
私は友達を作ることを諦めてしまいました。



そんな私が次第に夢中になったのがネットゲームです。

当時の日本ではそれほど普及していませんでしたが、
どこに居ても同じ人と繋がれるネットゲームは非常に魅力的でした。

今までは転校の度に自分の人間関係も環境もリセットされていました。

しかし、ネットゲームの世界はリセットが存在しないですし、
コツコツと続けていけば確実にレベルが上って強くなれます。


また、それによって多くの友人を得ることができました。

例え引っ越したとしてもリセットされることの無い環境を
僕は初めて手にすることができたのです。



それからの僕はゲームの世界で友人と遊びまくりました。

協力して強力な敵を倒したり。

滅多に出ないレアアイテムがを手に入れて
夜中なのに「やったー!!」と叫んで親に怒られてしまったり。


例えネットの世界だとしても、
僕にとってはこの世界こそが最高に楽しい場所でした。

【アカウント消失による世界の崩壊】



それから私は大学に入学。
晴れて一人暮らしを始めることができるようになりました。

ただ、それまでゲームの世界にどっぷり浸かっていた私は、
いつの間にか完全にゲームの虜になっていたのです。

なので大学もサークルには所属していましたが
授業が終わり次第真っ先に家へ向かい、PCの電源を点けました。

大学に入った私は、ついに念願の一人暮らし生活を手に入れ
ここでもネットゲーム三昧だ!と喜んでいたのですが

しかし、ある時思わぬ理由でその世界が崩れていきます。


ある日いつものようにPCの電源をつけて画面を見ると、
そこにはいつもとは全く違う世界が広がっていました。

自分がこれまで集めてきたアイテムが1つもない。

自分がこれまで育ててきたキャラクターが1人もいない。

まるでゲーム開始直後までリセットされてしまったようで、
いつになく多くの冷や汗が僕の頬を伝っていきます。

そして次の瞬間には、血眼になって状況を確認し始めます。


一体何が起きたんだ?

アイテムやキャラクターは戻ってくるのか?

これからの友人との関係はどうなるんだ?

でも探せば探すほど出てくるのは嫌な事ばかり。

どうやらアカウントをハックされてしまい、
私が積み上げてきたすべてのものが奪われてしまいました。

あの時の感覚は今でも忘れる事が出来ません。

いつもの様にそこに世界があると信じていたのに
突然足元から崩れ落ちていく感覚。


一気に体温が下がって体がブルブルと勝手に震えるのです。

ネットゲーム1つで大げさだと感じるかもしれませんが、
当時の私にとってはこれがすべてだったのです。

そうして、私の8年間は全て無に返りました。

この時に私は、私が信じている世界は
自分が思っている以上に簡単にあっさりと壊れるんだということを
身をもって知ることになりました。



【予想と違った職場の現実】



アカウントを失った傷が癒えないまま望んだ就職活動は失敗の連続で
何十社と面接に臨みましたが、なんとか郵便局に就職することが出来ました。

やっとあの辛い毎日から抜け出せるんだ……!

郵便局の仕事なんて配達だけの楽な仕事だと思っていた私は、
久しぶりにガッツポーズするほど大きく喜びました。


ですが、現実は決して甘くはありませんでした。

配達だけしていれば終わると思ってたのですが、
実は郵便局員には営業活動も必要だったのです。


普通に考えてもらえばわかると思いますが、
ハガキなんて営業されて買うようなものではありません。


学生時代はゲームばかりで人付き合いが苦手な私にとって、
営業活動は苦痛以外の何物でもありませんでした。


キドキしながらチャイムを鳴らして必死に商品の説明をしても
インターホン越しに「いらない」の一言で終わり。

やっと外に出てきてくれた人がいても商品説明が上手くいかず
苦笑いされて「それじゃあ売れないよ」とバタンッと扉を閉められる。

チャイムを鳴らして、優しそうな女性の声が聞こえて
これなら売れるかも!と気合を入れてみたら
出てきた人が強面のおじ様で
「あ……、えっと……」と言葉を絞りだすのがやっと。


説明の最中にそんなもんのためにわざわざ外に呼ぶな!と怒鳴られたこともあります。


また、営業ノルマを達成できなければ上司からも叱責がありました。

「営業ができないやつは無能だ!」

「俺が営業をやっていた頃は○くらい売ったぞ!」

などなど、どこに行っても罵倒される日々が続き、
私は日に日にやつれていきました。


そして食事も喉を通らなくなってきたある日のこと。


私はこのままではいけないと思い、
先輩に思い切って相談してみることにしました。

自分と同じような仕事をしている先輩ならば、
何か良いアドバイスをくれると思ったのです。


しかし、その口から出てきた言葉は衝撃的なものでした。


「ノルマ経っていなんて無理だから、金券ショップに売ればいいよ」


そんな想像すらしていなかった言葉が飛び出してきて、
私は一瞬頭が真っ白になってしまいました。


金券ショップに売るということは、
つまり自爆買いをするということ。

要は身銭を切って買い取ってしまえということなのです。


お金を稼ぐための会社のためにお金を使うことに違和感を覚えましたし、
何より「それは一体誰の役に立っているんだろう?」と強く感じました。

ただでさえ少ない給料から身銭を切るのが嫌だった私は、
誰の力にも頼らず営業活動を成功させようと決意したのです。

【評価されない現実の厳しさ】



私はなんとしても営業を成功させようと決意して、
配達の合間に一生懸命営業するようにしました。

やはり簡単には行きませんでしたが、
それでも徐々に上手く行くようになってきます。


そしてとうとう、初めて商品が売れたのです。

この時は思わず涙が出てきそうになってしまいましたし、
この瞬間の嬉しさは今でも忘れることができません。


また、その際にお客さんから思わぬ学びもありました。

購入してくれた商品の気に入った点を教えて頂けたのです。


「◯◯という売りの商品だけど、こういう使い方のほうが便利そうね。」


カタログには載っていない商品の使い方でした。

私はただカタログを見てそれを一生懸命売ろうとするばかりで、
お客さんがどのような場面でその商品を必要とするのか、
イメージしたことすら無かったのです。

相手のことを理解もせず、自分の言いたい事だけ主張している私から
商品が売れることがあるわけが無かったわけですね。



でも、おかげで商品を得るコツがわかってきました。

そして、その日を境に商品が売れるようになってきたのです。


営業も慣れてくるとだんだんと余裕が出てきて、
私は楽しさすら感じるようになってきました。

どのように努力すれば結果に繋がるのか理解した私は、
ネットゲームの要領で繰り返し営業をしていきます。


そしてひたすらコツコツと継続していた結果、
職場3位の売上を記録することができたのです。

大口顧客を抱えていた先輩には届きませんでしたが、
個人相手の売上なら文句なしで私が一番でした。


「よっし!!」


思わず声に出してしまいました。

私は自分の考え、努力で結果が出たことがとても嬉しかった!


そしてさらに職場3位の功績により表彰を受けることになりました。


「次のボーナスはプラス10万円かな」

「このまま営業で結果を出せば課長、そのうちに部長にも…」

私はこの先訪れるであろう明るい未来をイメージし、
精一杯ニヤけを抑えて支店長の前に立ちます。


しかし、そんな私に渡されたのは
500円の商品券と簡素な表彰状だけ。



「は?」


私のそのときの心境を一言で表すとこれ以外にありません。

これだけの利益を上げても500円しかもらえない?
いや、私の営業活動は他の人に比べて500円分の価値でしかない……?



あまりの結果に唖然とする私に今度は部長が説教を始めました。

「お前個人の売上は上がっているが職場全体の売上は下がっている。
どうして全員が同じように売れるように情報を共有しないのか?」

「職場全体の売上が下がった連帯責任として、全員のボーナスを3割カットする。」


そう宣言されました。

もちろん売上を上げた私もです。


売上上位の人間だけ優遇すると、職場全体の士気が下がると言われ
売上0の人間にももちろんボーナスは同額出すとのことでした。


あまりの事に言葉を失いました。

先輩の「特に売らなくてもいい。」という言葉の意味が
その時になってようやく理解ったのです。

売っても売らなくても評価は同じ。


私のやっていることは、職場からすれば何もやっていないことと同じなのか?
努力しても、結果を残しても批難されるような会社にいる意味はあるのか?



どんなに頑張っても、どんなに努力を重ねても
どんなに結果を出しても評価されなければ意味が無い。


そう感じた私は、あまりにも虚しくなって職場を辞めました。

【アフィリエイトとの出会い】



それから私は職を変え、人並みの生活を送ることが出来ていました。
確かに傍から見れば安定した生活に見えたかもしれません。

しかし、私は忘れることが出来なかったのです。

あの自分が信じている世界が崩れる感覚を。
あの足元から崩れ落ちる恐怖を。
努力して結果を出しても誰にも評価されないという虚しさを。



今私がいる世界もいつか急に壊れてしまうんじゃないか?
どれだけ頑張って努力をしても認められないんじゃないか?

この時私は、今の会社が急に潰れても大丈夫といえる
別の収入源を求めていました。


そんな時に目に入ったのがアフィリエイトだったのです。

年収1000万!だの月収100万だの色々あって
正直な話どうオブラートに包んでも詐欺だと思ったのですが

あるサイトで見つけた
「会社に頼らない自由な生き方」
このフレーズが私を捉えて離しませんでした。


結果を出しても評価されない。
自分が努力しても無意味と見なされてしまう。

そんな会社に頼って生きることの恐怖を知ってしまった私には
「会社に頼らない自由な生き方」というものがとても魅力的に映ったのです。



だから試しにメルマガに登録してみた。
これが私の人生の転機でした。


メルマガ講座で貰ったマニュアルを参考に実践していくと
レポートだけではわからないこともあって苦戦しました。

しかしネットゲームの経験から、コツコツと続けていくことは好きでしたので
黙々と作業を続けていました。
そして徐々に結果が出るようになってきました。


結果が出てくると同時に理解ったことがありました。

それは、アフィリエイトは努力すれば努力するほど
期待に応えてくれる世界だということです。


確かに一人でこつこつと続けていくのは
孤独な作業でしたし、一生懸命に書いた記事が
全くアクセスを集めないことなんて日常茶飯事でした。

でも毎日諦めずに続けていれば
着実に閲覧数は増えていくのです。

そして実際に稼ぐことが出来ました。
最初は1万円という数字でありましたが
自分にとっては何よりも嬉しいものでした。

それからしばらく伸び悩みましたが
メルマガ講座の運営者様よりコンサル生を募集していますとのメールが来ました。

思い切って受けてみることでアクセスと収益が激増!
私でも3ヶ月で10万円という副収入を達成出来たのです!


場所に囚われることなく、努力を続けても誰にも文句言われない。
努力に正当な評価を下してくれる場所を私はついに見つけたのでした。


【是非私の喜びを伝えたい】



あのまま配達の仕事を続けていたら私はどうなっていたでしょうか?

なんの努力もせずに、売れないのは商品が悪いからだと決めつけ
売ってもどうせ無駄だから売らなくてもいいやと、いつしか努力どころか
仕事すらもいい加減にやる人になってしまっていたのではないでしょうか?


そう考えると心底怖ろしいです。
私は自分の努力不足を誰かのせいにする人間になってしまうところでした。



しかし今は違います!
自分自身の力で収入を得る方法を知ることが出来ました。
会社に依存しないもう一本の収入の柱が出来たのです。



その方法を今も悩んでいる人達に教えることができたらと考えています。


かつて私は転校ばかりで友達を作ることが出来ませんでした。
もちろんそれを恨むつもりなんかありません。

しかし、自分の子供には同じ思いをさせたくはないのです。
ですから私は場所に囚われずに仕事が出来る
アフィリエイトに魅力を感じています。



昔は努力すれば成果が出ていました。
例えば資格をとれれば生活できるとか、明確なゴールがありました。

しかし今はそれがありません。
資格をとっても就職出来る保証は何処にもありません。
弁護士になったって仕事がない時代なのです。


今の社会が求めているのはあまりにも抽象的なもので、
何を努力すれば良いのか分かりません。

努力して結果を出しても私のように認められないこともあります。


でも、アフィリエイトは違います!
努力すれば結果が出ます!



場所に囚われず、自分の努力が結果となって表れてくれます。

だから僕はアフィリエイトに本気で取り組んでいるのです!




今見てくださっている人の中にも
努力が報われない認められない会社で
自分の存在意義を見失いつつある人もいらっしゃるのではないでしょうか?


そんな人にこそ私はインターネットビジネスの喜びを伝えたいです。


このブログには、私のネットビジネスでの経験、失敗
そして成功の秘訣を余すことなく詰め込んでいます!


私と一緒にネットビジネスを始めてみませんか?
きっと後悔させませんよ!

公開日:
最終更新日:2015/01/23